スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入 スペイン・ポルトガル・中南米書籍直輸入販売
スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入
  トップ » カタログ » スペイン・中南米文学 » スペイン文学研究 » 186976 アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
※ 通信販売規定はこちらをご覧ください⇒ ご利用規定  |  プライバシー  |  ご注文方法  |  推薦図書 特集ページ 目録PDF版  |  会社情報  |  目録外の注文   
商品検索 buscar
 書名 Title   
 著者名 Author
 ISBN(除ハイフン)
 SBCコード   
 
 書名・著者名・SBCコードを入力して商品を探せます
 詳細検索/Avanzada
分野・テーマ
シリーズ・叢書
ショッピングカート
Carrito
全商品表示
1 x Memorias de un exiliado venezolano: Un enfoque de como el socialismo del siglo XXI destruyo un pais
3,597円
コミックコーナー
グラフィックノベル
コミック・マンガ

Las meninas
作家インデックス
好評です!
スペイン語辞典
全商品表示
Diccionario de uso del espanol. - Edicion en DVD, Version 3.0 (3a edicion)
Diccionario de uso del espanol. - Edicion en DVD, Version 3.0 (3a edicion)
16,940円(税込)
今月の新着商品
※ 辞書・語学の新着
◆ 文学の新着
◇ スペインの新着
▲ ラテンアメリカの新着
△ ポルトガル・ブラジル新着
★ その他の新着

ブログ
Todo se ha hecho a mi voluntad’: Melibea como eje central de La Celestina
Marti Caloca, Ivette M.
★ 著者名をクリックすると同じ著者の他の作品が選び出せます
5,225円(税込)

SBC: No. 186976
双書名:  Medievalia Hispanica, 26   ★ ここをクリックすると同シリーズのリストが見られます
体裁 : 15 x 22.5 cm   208 pags.   paper cover  Madrid
出版社: K.D.Vervuert
重量 : 0.34 kg
発行年: 2019年    海外発注による取り寄せとなります/ Out of stock
本体価格(税抜) : 4,750円
本の状態 :  

★ 在庫がございません。提携先の海外書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せ致します。
☆ 海外発注の場合 2019年12月22日 日曜日 に入荷の予定ですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
★ なお、原価の値上がり、為替相場の変動により価格が変わることがありますので、あらかじめご了承下さい。

★ 追加情報(実際のページ/索引/練習問題の解答 等)は、ここをクリックしてご覧下さい

Los símbolos hilado, cordón y cadena originalmente propuestos por Alan Deyermond y que buena parte de los celestinistas han acogido se van intercambiando para entretejer el desenvolvimiento de la trama. A partir de sus conclusiones iniciales, este estableció que Melibea comparte las cualidades de la víbora conyugicida que Rojas describe en el Prólogo. Sin embargo, la relación entre Melibea y las imágenes serpentinas que abundan en el texto se agudiza cuando nos detenemos a considerar que en la tradicional descriptio puellae pulchritudinis que Calisto hace de ella, inesperadamente la equipara a la Medusa grecorromana de cabellos serpentinos, y cuya mirada letal la iguala al fiero basilisco que Rojas también describe en su Prólogo.

De esta manera, no solo se subrayan y exploran sus cualidades serpentinas, sino que se establece que, más que Celestina cuyos atributos viperinos son reconocidos por todos, Melibea es quien reclama para sí las vidas de todos los demás personajes. A través de la descripción del cabello sinuoso de Melibea, Calisto no solo la vincula con el elemento serpentino que predomina en el texto, sino que va aludiendo subrepticiamente a la tríada simbólica del hilado, cordón, cadena. De manera que todos estos símbolos están presentes en el cabello de Melibea y funcionan como sinécdoques que elevan su importancia a legítima protagonista de su Tragicomedia y eje de su estructura simbólico formal.


IMAGE_BUTTON_ADD_WISHLIST




Copyright © 2005 Spain Shobo Co., Ltd.
Powered by Koshoten.net2 (osCommerce)
内容・画像の無断転載を禁じます。
  (有)スペイン書房
〒981-0501 宮城県東松島市赤井字南栄町 5-4
E-Mail: info@spainshobo.com  FAX.(0225) 84-1283