スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入 スペイン・ポルトガル・中南米書籍直輸入販売
スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入
  トップ » カタログ » スペイン・中南米文学 » スペイン文学研究 » 118808 アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
※ 通信販売規定はこちらをご覧ください⇒ ご利用規定  |  プライバシー  |  ご注文方法  |  推薦図書 特集ページ 目録PDF版  |  会社情報  |  目録外の注文   
商品検索 buscar
 書名 Title   
 著者名 Author
 ISBN(除ハイフン)
 SBCコード   
 
 書名・著者名・SBCコードを入力して商品を探せます
 詳細検索/Avanzada
分野・テーマ
シリーズ・叢書
ショッピングカート
Carrito
全商品表示
カートは空です...
コミックコーナー
グラフィックノベル
コミック・マンガ

Las meninas
作家インデックス
好評です!
スペイン語辞典
全商品表示
Diccionario del origen de las palabras
Diccionario del origen de las palabras
3,113円(税込)
今月の新着商品
※ 辞書・語学の新着
◆ 文学の新着
◇ スペインの新着
▲ ラテンアメリカの新着
△ ポルトガル・ブラジル新着
★ その他の新着

ブログ
El ensayo del exilio republicano de 1939. Vol.1: Espana y el mundo. Filosofia y politica
Martin Gijon, Mario(ed.)
★ 著者名をクリックすると同じ著者の他の作品が選び出せます
4,840円(税込)

SBC: No. 118808
双書名:  Biblioteca del Exilio/Anejos, 38   ★ ここをクリックすると同シリーズのリストが見られます
体裁 : 17 x 24 cm   xxi+346 pags.   paper cover  Sevilla
出版社: Renacimiento
重量 : 0.86 kg
発行年: 2018年    海外発注による取り寄せとなります/ Out of stock
本体価格(税抜) : 4,400円
本の状態 :  

★ 在庫がございません。提携先の海外書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せ致します。
☆ 海外発注の場合 2020年1月21日 火曜日 に入荷の予定ですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
★ なお、原価の値上がり、為替相場の変動により価格が変わることがありますので、あらかじめご了承下さい。

★ 追加情報(実際のページ/索引/練習問題の解答 等)は、ここをクリックしてご覧下さい

Seguramente sea el ensayo el género literario más característico del exilio. El más necesario sin duda: ensayo, en su doble acepción, pues se trataba de ensayar una nueva vida, de tratar de comprender el porqué de la derrota y del exilio, las circunstancias de la patria de acogida, encontrar un camino a seguir en lo político y abordar la creación literaria y artística en un contexto totalmente distinto. No en vano, es el ensayo el género más ligado a la imbricación social del escritor. Dentro del inmenso corpus de obras catalogables como ensayo, este primer volumen se centra, en primer lugar, en los libros que abordaron lo que se conocería como el «problema de España», que tuvo su auge en el exilio antes de que se convirtiera en tópico en el interior.

Sebastiaan Faber analiza el reflejo de las sociedades de acogida, en especial de los países hispanoamericanos. Antolín Sánchez Cuervo hace un recorrido por el ensayo filosófico, mientras que Juan Andrade recoge la ensayística política desde las distintas sensibilidades partidistas. En todos los casos se ha prestado especial atención a autores hasta ahora preteridos por la historiografía literaria, sin por ello dejar de considerar la obra de los autores más consagrados.


IMAGE_BUTTON_ADD_WISHLIST




Copyright © 2005 Spain Shobo Co., Ltd.
Powered by Koshoten.net2 (osCommerce)
内容・画像の無断転載を禁じます。
  (有)スペイン書房
〒981-0501 宮城県東松島市赤井字南栄町 5-4
E-Mail: info@spainshobo.com  FAX.(0225) 84-1283