スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入 スペイン・ポルトガル・中南米書籍直輸入販売
スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入
  トップ » カタログ » スペイン・中南米文学 » ラテンアメリカ文学研究 » 189486 アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
※ 通信販売規定はこちらをご覧ください⇒ ご利用規定  |  プライバシー  |  ご注文方法  |  推薦図書 特集ページ 目録PDF版  |  会社情報  |  目録外の注文   
商品検索 buscar
 書名 Title   
 著者名 Author
 ISBN(除ハイフン)
 SBCコード   
 
 書名・著者名・SBCコードを入力して商品を探せます
 詳細検索/Avanzada
分野・テーマ
シリーズ・叢書
ショッピングカート
Carrito
全商品表示
カートは空です...
コミックコーナー
グラフィックノベル
コミック・マンガ

Las meninas
作家インデックス
好評です!
スペイン語辞典
全商品表示
Diccionario de usos y dudas del espanol actual (DUDEA)
Diccionario de usos y dudas del espanol actual (DUDEA)
8,668円(税込)
今月の新着商品
※ 辞書・語学の新着
◆ 文学の新着
◇ スペインの新着
▲ ラテンアメリカの新着
△ ポルトガル・ブラジル新着
★ その他の新着

ブログ
Narrativas canibales: Perspectivas desde Hispanoamerica
Albornoz, Maria Victoria
★ 著者名をクリックすると同じ著者の他の作品が選び出せます
6,237円(税込)

SBC: No. 189486
双書名:  Pliegos de Ensayo, 267   ★ ここをクリックすると同シリーズのリストが見られます
体裁 : 13.5 x 20 cm   296 pags.   paper cover  Madrid
出版社: Pliegos
重量 : 0.43 kg
発行年: 2018年    在庫あり/ Stock
本体価格(税抜) : 5,670円
本の状態 :  

★ 追加情報(実際のページ/索引/練習問題の解答 等)は、ここをクリックしてご覧下さい

Este libro explora el canibalismo con sus connotaciones de violencia y apetitos, abyección y deseo, como una metáfora sugestiva que nos permite examinar las relaciones de poder en las llamadas ‘zonas de contacto’ de algunos textos latinoamericanos del Siglo XX. El análisis se enfoca en cuatro novelas y una narración testimonial: La vorágine (1924, Colombia) de José Eustasio Rivera, El entenado (1983, Argentina) de Juan José Saer, El hablador (1987, Perú) de Mario Vargas Llosa,Translated Woman: Crossing the Border with Esperanza’s Story (1993, EE.UU./México) de Ruth Behar y Cielos de la tierra (1997, México) de Carmen Boullosa.

Los escritos mencionados comparten tres características fundamentales: La representación del ‘otro’, entendido como un ser marginal que en casi todos los casos ocupa el espacio del ‘primitivo’; el carácter fronterizo del narrador que funciona como un ser intermedio o de entre-mundos, que redacta desde la óptica de su propia cultura occidental sobre otra cultura aniquilada, amenazada o perdida; la presencia de uno o varios registros del canibalismo cultural y el canibalismo retórico. El estudio está enmarcado por las teorías postcoloniales de la hibridez, la frontera y la alteridad (Pratt, Spitta, García Canclini, Anzaldúa, De Certeau).


IMAGE_BUTTON_ADD_WISHLIST




Copyright © 2005 Spain Shobo Co., Ltd.
Powered by Koshoten.net2 (osCommerce)
内容・画像の無断転載を禁じます。
  (有)スペイン書房
〒981-0501 宮城県東松島市赤井字南栄町 5-4
E-Mail: info@spainshobo.com  FAX.(0225) 84-1283