スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入 スペイン・ポルトガル・中南米書籍直輸入販売
スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入
  トップ » カタログ » ラテンアメリカ文学作品 » 119547 アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
※ 通信販売規定はこちらをご覧ください⇒ ご利用規定  |  プライバシー  |  ご注文方法  |  推薦図書 特集ページ 目録PDF版  |  会社情報  |  目録外の注文   
商品検索 buscar
 書名 Title   
 著者名 Author
 ISBN(除ハイフン)
 SBCコード   
 
 書名・著者名・SBCコードを入力して商品を探せます
 詳細検索/Avanzada
分野・テーマ
シリーズ・叢書
ショッピングカート
Carrito
全商品表示
カートは空です...
コミックコーナー
グラフィックノベル
コミック・マンガ

Las meninas
作家インデックス
好評です!
スペイン語辞典
全商品表示
Redes: Diccionario combinatorio del espanol contemporaneo
Redes: Diccionario combinatorio del espanol contemporaneo
11,220円(税込)
今月の新着商品
※ 辞書・語学の新着
◆ 文学の新着
◇ スペインの新着
▲ ラテンアメリカの新着
△ ポルトガル・ブラジル新着
★ その他の新着

ブログ
Monologo del necio
Boccanera, Jorge
★ 著者名をクリックすると同じ著者の他の作品が選び出せます
2,376円(税込)

SBC: No. 119547
双書名:  Visor de Poesia, 924   ★ ここをクリックすると同シリーズのリストが見られます
体裁 : 12.5 x 19.5 cm   80 pags.   paper cover  Madrid
出版社: Visor Libros
重量 : 0.06 kg
発行年: 2015年    海外発注による取り寄せとなります/ Out of stock
本体価格(税抜) : 2,160円
本の状態 :  

★ 在庫がございません。提携先の海外書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せ致します。
☆ 海外発注の場合 2020年1月21日 火曜日 に入荷の予定ですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
★ なお、原価の値上がり、為替相場の変動により価格が変わることがありますので、あらかじめご了承下さい。

LA necedad en América Latina tiene la acepción de porfía a la vez que de ignorancia, pero domina el sentido de terquedad como desdén por lo que se sabe y se pretende ignorar. Jorge Boccanera, en Monólogo del necio,confirma esta perspectiva tras una larga trayectoria vivencial y literaria, lírica. Nada de lo vivido desaparece ante el vértigo del cambio, ante el grito de rebeldía que parece reclamar lo emergente. El poeta lo dice sin ambages: ‘Me toca resguardar / la lengua en llamas de la sordomuda, / el camino salvaje, / las ollas donde hierve sus colores el bosque / las cartas del exilio que te rompen la boca / y el que maquilla espejos con estrellas de talco’.

El monólogo del poeta es dialógico, como dijera Machado:’converso con el hombre que siempre va conmigo’. Boccanera descubre la renovación de su lenguaje en el ejercicio de la memoria. La poesía es una fuente que ignora mejores o peores tiempos, es la necia que revuelve el escritorio, retuerce el lenguajepara hacer visible lo que pasa de largo. ‘Cada quien,cada día, amansa su animal’. Un libro, una voz que no cesa de interrogar a la mano de fuego que le da de comer. Jorge Boccanera es un referente indispensable de la actual poesía argentina. - JOSÉ ÁNGEL LEYVA


IMAGE_BUTTON_ADD_WISHLIST




Copyright © 2005 Spain Shobo Co., Ltd.
Powered by Koshoten.net2 (osCommerce)
内容・画像の無断転載を禁じます。
  (有)スペイン書房
〒981-0501 宮城県東松島市赤井字南栄町 5-4
E-Mail: info@spainshobo.com  FAX.(0225) 84-1283