スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入 スペイン・ポルトガル・中南米書籍直輸入販売
スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入
  トップ » カタログ » ラテンアメリカ文学作品 » 119406 アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
※ 通信販売規定はこちらをご覧ください⇒ ご利用規定  |  プライバシー  |  ご注文方法  |  推薦図書 特集ページ 目録PDF版  |  会社情報  |  目録外の注文   
商品検索 buscar
 書名 Title   
 著者名 Author
 ISBN(除ハイフン)
 SBCコード   
 
 書名・著者名・SBCコードを入力して商品を探せます
 詳細検索/Avanzada
分野・テーマ
シリーズ・叢書
ショッピングカート
Carrito
全商品表示
カートは空です...
コミックコーナー
グラフィックノベル
コミック・マンガ

Las meninas
作家インデックス
好評です!
スペイン語辞典
全商品表示
Diccionario de perifrasis verbales
Diccionario de perifrasis verbales
8,360円(税込)
今月の新着商品
※ 辞書・語学の新着
◆ 文学の新着
◇ スペインの新着
▲ ラテンアメリカの新着
△ ポルトガル・ブラジル新着
★ その他の新着

ブログ
Mientras el lobo esta
- XII Premio de Poesia Generacion del 27
Chirinos Arrieta, Eduardo
★ 著者名をクリックすると同じ著者の他の作品が選び出せます
2,211円(税込)

SBC: No. 119406
双書名:  Visor de Poesia, 746   ★ ここをクリックすると同シリーズのリストが見られます
体裁 : 12.5 x 19.5 cm  64 pags. paper cover  Madrid
出版社: Visor Libros
重量 : 0.14 kg
発行年: 2010年    海外発注による取り寄せとなります/ Out of stock
本体価格(税抜) : 2,010円
本の状態 :  

★ 在庫がございません。提携先の海外書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せ致します。
☆ 海外発注の場合 2020年1月17日 金曜日 に入荷の予定ですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
★ なお、原価の値上がり、為替相場の変動により価格が変わることがありますので、あらかじめご了承下さい。

EDUARDO Chirinos (Lima-Perú, 1960) es autor de los siguientes libros de poesía: Cuadernos de Horacio Morell (1981), Crónicas de un ocioso (1983), Archivo de huellas digitales (1985), Rituales del conocimiento y del sueño (1987), El libro de los encuentros (1988), Canciones del herrero del arca (1989), Recuerda, Cuerpo… (1991), El equilibrista de Bayard Street (1998), Abecedario del agua (2000), Breve historia de la música (Premio Casa de América de Poesía, 2001), Escrito en Missoula (2003), No tengo ruiseñores en el dedo (2006) y Humo de incendios lejanos (2009).

Como crítico literario, Chirinos ha publicado El techo de la ballena (1991), La morada del silencio (1998) y Nueve miradas sin dueño (2004). También ha editado dos volúmenes de poesía peruana: Loco amor (1991) e Infame turba (1992), las antologías Elogio del refrenamiento de José Watanabe (2003), Los ojos de la máscara de José Juan Tablada (2008), y tres libros misceláneos donde conviven la prosa crítica con la crónica y el verso: Epístola a los transeúntes (2001), El Fingidor (2003) y Los largos oficios inservibles (2004). Actualmente reside en Missoula, donde se desempeña como profesor de literatura hispanoamericana y española en la Universidad de Montana.


IMAGE_BUTTON_ADD_WISHLIST




Copyright © 2005 Spain Shobo Co., Ltd.
Powered by Koshoten.net2 (osCommerce)
内容・画像の無断転載を禁じます。
  (有)スペイン書房
〒981-0501 宮城県東松島市赤井字南栄町 5-4
E-Mail: info@spainshobo.com  FAX.(0225) 84-1283