スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入 スペイン・ポルトガル・中南米書籍直輸入販売
スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入
  トップ » カタログ » Nadal文学賞 » 163963 アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
※ 通信販売規定はこちらをご覧ください⇒ ご利用規定  |  プライバシー  |  ご注文方法  |  推薦図書 特集ページ 目録PDF版  |  会社情報  |  目録外の注文   

クーポン割引
商品検索 buscar
 書名 Title   
 著者名 Author
 ISBN(除ハイフン)
 SBCコード   
 
 書名・著者名・SBCコードを入力して商品を探せます
 詳細検索/Avanzada
分野・テーマ
シリーズ・叢書
ショッピングカート
Carrito
全商品表示
カートは空です...
BOX_HEADING_COMIC
グラフィックノベル
コミック・マンガ

Las meninas
映画コーナー
Hector
Hector
4,320円(税込)
好評です!
スペイン語辞典
全商品表示
Diccionario Medieval Espanol. in 2 vols.
Diccionario Medieval Espanol. in 2 vols.
17,600円(税込)
今月の新着商品
※ 辞書・語学の新着
◆ 文学の新着
◇ スペインの新着
▲ ラテンアメリカの新着
△ ポルトガル・ブラジル新着
★ その他の新着

ブログ
Llamame Brooklyn.
- Premio Nadal 2006
Lago, Eduardo
★ 著者名をクリックすると同じ著者の他の作品が選び出せます
4,752円(税込)

SBC: No. 163963
双書名:  Ancora y Delfin, 1050   ★ ここをクリックすると同シリーズのリストが見られます
体裁 : 15 x 23.5 cm 398 pags. hard cover Barcelona 2006
ISBN :  9788423338146
出版社: Destino
重量 : 0.73 kg
発行年: 2006年    売切れです。海外発注となります/ Out of stock
本体価格(税抜) : 4,400円
本の状態 :  

★ 在庫がございません。提携先の海外書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せ致します。
☆ 海外発注の場合 2018年12月29日 土曜日 に入荷の予定ですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
★ なお、原価の値上がり、為替相場の変動により価格が変わることがありますので、あらかじめご了承下さい。

新聞記者の「わたし」は25歳年長の友人、ガル・アッカーマンの訃報を受け取ります。そして遺された膨大な量の手記・原稿から一冊の本をまとめるのですが……。
作者エドゥアルド・ラーゴはニューヨーク在住。ニューヨークに暮らすスペイン系住民の集まるバーを舞台に、多彩な文体をコラージュし、過去のさまざまな時間を前後しながら綴るスタイリッシュなメタフィクションの異色作です。


Un periodista del New York Post recibe la noticia de que su amigo Gal Ackerman, veinticinco años mayor que él, ha muerto. El suceso le obliga a cumplir un pacto tácito: rescatar de entre los centenares de cuadernos abandonados por Ackerman en un motel de Brooklyn, una novela a medio terminar. El frustrado anhelo de su autor era llegar a una sola lectora, Nadia Orlov, de quien hace años que nadie ha vuelto a saber nada.

Llámame Brooklyn es una historia de amor, amistad y soledad, asi como la crónica de un itinerario vital repleto de tachaduras e iluminaciones. Coney Island, la Toscana, los fumaderos de opio de Chinatown, un bar del madrileño barrio de Cuatro Caminos durante la guerra civil o la gasolinera donde un anciano negro y ciego se gana la vida recitando la Biblia de memoria son algunos de los escenarios en los que transcurre Llámame Brooklyn. Los distintos puntos de fuga remiten incesantemente a un bar de marineros donde los dos narradores van dando forma a una novela que es un canto al misterio y el poder de la palabra escrita y que sorprende y fascina al lector a cada página.

Llámame Brooklyne es una novela ambiciosa sobre la amistad, el amor y la lealtad, en que la historica se construye de mode caleidoscópico. Un hito literario insólito en la tradición narrativa española.

Eduardo Lago (Madrid, 1954). Tras pasar la mayor parte de su vida en Madrid se trasladó con carácter definitivo a Nueva York donde vive desde hace casi veinte años. Colaborador de diversos medios periodísticos españoles, en 2001 obtuvo el Premio de Crítica Literaria Bartolomé March por un estudio sobre las traducciones al español de Ulises, de James Joyce. Doctor en literatura por la Universidad de la Ciudad de Nueva York, Eduardo Lago es profesor en la prestigiosa universidad Sarah Lawrence College. Llámame Brooklyn es su primera novela.


IMAGE_BUTTON_ADD_WISHLIST




Copyright © 2005 Spain Shobo Co., Ltd.
Powered by Koshoten.net2 (osCommerce)
内容・画像の無断転載を禁じます。
  (有)スペイン書房
〒981-0501 宮城県東松島市赤井字南栄町 5-4
E-Mail: info@spainshobo.com  FAX.(0225) 84-1283  

クーポン割引