スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入 スペイン・ポルトガル・中南米書籍直輸入販売
スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入
  トップ » カタログ » 口語・成句・新語 » 141741 アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
※ 通信販売規定はこちらをご覧ください⇒ ご利用規定  |  プライバシー  |  ご注文方法  |  推薦図書 特集ページ 目録PDF版  |  会社情報  |  目録外の注文   
商品検索 buscar
 書名 Title   
 著者名 Author
 ISBN(除ハイフン)
 SBCコード   
 
 書名・著者名・SBCコードを入力して商品を探せます
 詳細検索/Avanzada
分野・テーマ
シリーズ・叢書
ショッピングカート
Carrito
全商品表示
カートは空です...
コミックコーナー
グラフィックノベル
コミック・マンガ

Las meninas
作家インデックス
好評です!
スペイン語辞典
全商品表示
Nuevo Diccionario de dudas y dificultades de la lengua espanola
Nuevo Diccionario de dudas y dificultades de la lengua espanola
8,360円(税込)
今月の新着商品
※ 辞書・語学の新着
◆ 文学の新着
◇ スペインの新着
▲ ラテンアメリカの新着
△ ポルトガル・ブラジル新着
★ その他の新着

ブログ
Lenguaje y cultura marginal. - El argot de la delincuencia.
Sanmartin Saez, Julia
★ 著者名をクリックすると同じ著者の他の作品が選び出せます
3,806円(税込)

SBC: No. 141741
双書名:  Anejo de Cuadernos de Filologia, 25   ★ ここをクリックすると同シリーズのリストが見られます
体裁 : 13 x 21 cm 272 pags. Valencia 1998 paper cover [122]
出版社: Universidad de Valencia
重量 : 0.31 kg
発行年: 1998年    海外発注による取り寄せとなります/ Out of stock
本体価格(税抜) : 3,460円
本の状態 :  

★ 在庫がございません。提携先の海外書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せ致します。
☆ 海外発注の場合 2020年7月10日 金曜日 に入荷の予定ですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
★ なお、原価の値上がり、為替相場の変動により価格が変わることがありますので、あらかじめご了承下さい。

Antes que gramática, el argot de la delincuencia es un léxico perteneciente a una cultura y comunicación esencialmente orales. Ahora bien, como ya se recoge en el título del trabajo de la Dra. Julia Sanmartín, Lenguaje y cultura marginal: el argot de la delincuencia, bajo ese ropaje léxico se esconde un modo de ser, de existir y de vivir que se manifiesta en la actuación lingüística, a la vez que en ésta queda reflejado aquél.

Un investigador de campo ha de poseer el don de gentes, de las relaciones humanas, y más aún cuando el campo es una prisión. La autora, que lo tiene de sobra, ha convivido con los reclusos, ha sufrido sus penas y miserias, su nerviosismo; han sido muchas las horas de tensión, a veces de miedo, pasadas con esos protagonistas anónimos, como los llama Julia. Fue ésta, como dice, una experiencia humana y lingüística inolvidable, que a decir verdad poco a poco me fue contagiando, primero como director de su tesis y ahora como lector atento. - De Prologo

INDICE:

Prologo...11
Introduccion...13
I. El contexto comunicativo y la cultura de la prision...19
2. Delimitacion y fundionamiento del argot...39
3. Mecanismos lingüisticos…67
4. La configuracion del argot….125
5. Relaciones y conexiones con otros fenomenos lingüisticos….199
A modo de epigrafe...249
Bibliografia...259


IMAGE_BUTTON_ADD_WISHLIST




Copyright © 2005 Spain Shobo Co., Ltd.
Powered by Koshoten.net2 (osCommerce)
内容・画像の無断転載を禁じます。
  (有)スペイン書房
〒981-0501 宮城県東松島市赤井字南栄町 5-4
E-Mail: info@spainshobo.com  FAX.(0225) 84-1283