スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入 スペイン・ポルトガル・中南米書籍直輸入販売
スペイン語の本はスペイン書房 * スペイン語書籍・ポルトガル語書籍 - スペイン・ポルトガル・中南米洋書直輸入
  トップ » カタログ » 南米全般 » 148219 アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
※ 通信販売規定はこちらをご覧ください⇒ ご利用規定  |  プライバシー  |  ご注文方法  |  推薦図書 特集ページ 目録PDF版  |  会社情報  |  目録外の注文   
商品検索 buscar
 書名 Title   
 著者名 Author
 ISBN(除ハイフン)
 SBCコード   
 
 書名・著者名・SBCコードを入力して商品を探せます
 詳細検索/Avanzada
分野・テーマ
シリーズ・叢書
ショッピングカート
Carrito
全商品表示
カートは空です...
コミックコーナー
グラフィックノベル
コミック・マンガ

Las meninas
作家インデックス
好評です!
スペイン語辞典
全商品表示
Diccionario del origen de las palabras
Diccionario del origen de las palabras
3,113円(税込)
今月の新着商品
※ 辞書・語学の新着
◆ 文学の新着
◇ スペインの新着
▲ ラテンアメリカの新着
△ ポルトガル・ブラジル新着
★ その他の新着

ブログ
Diario en Bolivia.
- Recopilacion y notas de Carlos Varela
Guevara, Enresto
★ 著者名をクリックすると同じ著者の他の作品が選び出せます
3,410円(税込)

SBC: No. 148219
双書名:  Sin Norte   ★ ここをクリックすると同シリーズのリストが見られます
体裁 : 16 x 21 cm 253 pags. paper cover Santiago de Chile 1997
出版社: Lom Ediciones
重量 : 0.36 kg
発行年: 1997年    海外発注による取り寄せとなります/ Out of stock
本体価格(税抜) : 3,100円
本の状態 :  

★ 在庫がございません。提携先の海外書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せ致します。
☆ 海外発注の場合 2020年5月12日 火曜日 に入荷の予定ですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
★ なお、原価の値上がり、為替相場の変動により価格が変わることがありますので、あらかじめご了承下さい。

カルロス・バレーラ編、ゲバラの『ボリビア日記』。1966年11月7日から1967年10月7日、死の直前までの記録です。

Desde luego, mientras Punto Final exista no habrá otra edición que roce más de cerca la intimidad revolucionaria de América Latina que ese número 59 de julio de 1968. Aunque fuimos simples actores secundarios - y casi accidentales - no podemos recordar sin emoción la ‘pequeña historia’ que rodeó ese acontecimiento.
Nuestra primera edición exclusiva para América del Sur salió en forma casi simultánea con la masiva edición del diario del Che en La Habana.

La parsimoniosa prensa plana donde se imprimía Punto Final, en los talleres de Prensa Latinoamericana en calle Root 537, editó ejemplares del diario día y noche durante semanas. Don Pepe, el gruñón pero sabio regente de la imprenta, un republicano español exiliado en Chile, puso todo su arte y experiencia para que la edición extraordinaria de esta revista luciera en la forma más digna posible. El diario del Che vendió sesenta y cinco mil ejemplares en Chile en sucesivas ediciones que se agotaban una tras otra. La ancha sonrisa de don Pepe sólo igualaba a la de nuestro jefe de redacción, Mario Díaz Barrientos, que tenía motivos adicionales para sonreiry callar. Fue Mario Díaz el que llevó la copia fotográfica del diario del Che hasta La Habana, entregándola personalmente al comandante Manuel Piñeiro Losada, jefe del Departamento América del PCC, que lo esperaba impaciente en el aeropuerto José Martí. Mario estaba orgulloso y con razón, pero nunca contó esa historia personal ni su rol en ella. - MANUEL CAB lESES


IMAGE_BUTTON_ADD_WISHLIST




Copyright © 2005 Spain Shobo Co., Ltd.
Powered by Koshoten.net2 (osCommerce)
内容・画像の無断転載を禁じます。
  (有)スペイン書房
〒981-0501 宮城県東松島市赤井字南栄町 5-4
E-Mail: info@spainshobo.com  FAX.(0225) 84-1283